お怒りは ごもっとも!( ̄▽ ̄;)



友人から急なお誘いを受け、ランチに出かけて来ました。
脱毛サロンで怒りを抱いた彼女の話を聞きながら、なんとも平和な時間。
ちょっと聞いてよ💢あぁでね💢こうでね💢と興奮する彼女は、幼稚園の時からの幼馴染。
大体いつも興奮しているのは私なのに。

ここ近年、キレる高齢者が多発しているのだとニュースが言っていました。
いや、友人も私も まだピチピチのギャルですが…。
駅の構内で、路上で、店先で、お年寄りが急に怒りを若者にぶつけてくる というのです。
もちろん気の短いお年寄りを目の当たりにする事はよくありますが、その苛立ちは分からなくもないと私は思うのです。
人を相手にする立場の人の思いやりや、察する気持ちや、応用能力に私も苛立つ事が増えました。
ただ闇雲に理由なく若者に当たり散らしている高齢者という括り方は、さすがに変テコだなと私は思います。
その怒りには理由がある。
怒りを露わにされるというのは、まだ期待されているという事に繋がりませんか?
けれど、怒られた側が立ち止まり、何故怒っているのか気づかなければ、気づくように考えてみなければ何も変わらない。
毎日 人を相手にする我々は、もっと人の気持ちに敏感に、緊張しなければいけないと 今日の怒りの友人を見て思った次第でございます。

なんて…テレビにいつも一方的に怒っている私が言うのもなんですが…(*´艸`*)へへへ

さて、昨夜はワインやシャンパンを沢山頂きました(^-^)
久々の賑やかな店内、やはり女の子たちもイキイキとしていました(^-^)
今宵も皆さま宜しくお願いしま〜す!
?Gg[???ubN}[N??