ロマンスの真相…



カサブランカの真ん中のお席。手を握り合い言葉も無く見つめ合うお客様と私…。
愛を育んでいるようにしか見えなかったと思いますが、私たちは戦いの真っ最中でした。
初めまして…ではない…はず。。。
お互い負けを認めたくないが為に記憶の糸を手繰り寄せていたのです。
愛を囁き合っているように見えて、実は
糸が長過ぎて苦しくて仕方なくボソボソと呟き合っていたのです。
「LINEは…繋がって…いな……?」
「い…ですよね…。」
「ですよね(安堵)。。メ、メールだ メール!メールは…送った…よ…ね?」
「私の名前は……シッテイマスカ…」
もはやカタコト。
どちらが悪いわけではない、メールを一度二度して さほどラリーが続かず放置し合った。ただそれだけの事。私達は悪くない。
引き分けです。
後ろではピアノの先生がが「糸」を奏でる。
世界の中心で愛を叫ぶ ならぬ
カサブランカの中心で記憶を紡ぎ合う私達。
我々は敵ではない、力を合わせようではないか。そんな気持ち。

年末ってそう。いつも見えて下さる方が いつもと違う顔ぶれで、さらに人数も違えて見えるのですから…
こういうプチパニックがいくつも欲しい。
だって年末ですから…(*´艸`*)

あと2日の営業です。
今日と明日…
お待ちしております(о´∀`о)


浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレスさんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)
?Gg[???ubN}[N??